家を買う!駅からの距離と資産価値との関係

変わらないものと変わりゆくものとのバランス

これまでの投稿もぜひご覧ください!

家を買う!これを抑えれば絶対後悔しない(1)

家を買う!これを抑えれば絶対後悔しない(2)

家を買う!これを抑えれば絶対後悔しない(3)

家を買う!駅からの距離と資産価値との関係

内装や設備などは、建物自体に問題のない限りは「全取っ替え」「追加」「変更」も可能です。
しかし、よほど地方の人口減少が顕著な地域で最寄駅の路線が廃線にでもならない限り、変わらないものがあります。
それは……駅からの距離、徒歩何分の場所に位置しているのか、という点です。
そして、駅直結物件を先頭に、駅に近いほど資産価値は高くなります。
言い換えれば、2分、5分、7分、10分…と分刻みで資産価値は反比例して下がっていく傾向にあります。
さらに、バスを使ってとなりますと、さらに資産価値は下がっていきます。
不動産という名称の通り、場所だけはどんなことがあっても変わりません。
ですから、マイホームを購入するということは、その町を購入することと同じです。
「最寄駅からの所要時間別リセールバリュー」をキーワードに調べてみてください。

他に、ご自分の家族構成によってはとても重要な要素になるのが、救急病院がその区市町村にあるのかどうかです。
お子さんに強い食物アレルギーがあって、体も弱く、度々救急車のお世話になっているママさんがいらっしゃいました。
小児科を抱える救急病院が区内にないため、隣接する区の救急病院に受け入れを頼むことになり、病院に到着するまでに時間がかかるとこぼしていました。
いざという時に気をもむことのないよう、高齢者や乳幼児、また軽視できない持病を抱えるご家族がいらっしゃるのでしたら、救急病院や専門病院があるかどうかも重要な要素になります。
ただし、救急病院が存続するかどうかは不確定要素ですし、現在ないからといって、ずっとないわけでもないでしょう。
出産を視野に入れている方でしたら、産院が30分圏内にあるのかどうか調べておくこともお勧めしますし、ご夫婦で共稼ぎでしたら、待機児童がどのぐらいいるかも調べておいて損はないと思います。また、大型スーパーが駅前にあると便利ですし、無いようでしたらネットスーパーが利用できるか調べておくと良いのではないでしょうか。

変わらぬものと変わりゆくものとのベストバランスは、ご家庭ごとにあるはずです。
今現在だけでなく、少し先の未来と少し遠い未来、ご両親のこと、まだ残念ながら健康に陰りが見えてきたときの備えなど、じっくり考えて、書き出してみてください。
マイホームを購入するには、今とこれからの生活がどのようになるのか、具体的にそして焦らずに時間をかけて洗い出してみる必要があります。

 

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です