知らないと損するかも?!住宅ローン事前審査

これまでの投稿もぜひご覧ください!

家族構成とマイホームの関係

知らないと損するかも?!住宅ローン事前審査

住宅ローンを組むには、「事前審査」なるものを申し込み、融資を受けるのに適正な人物かどうかを金融機関が判断の上、審査が通らなくては融資を受けることができません。
事前審査をパスしたら、実際にどのようなローンを組むのかを決定し、本申し込みをします。
そして、審査申し込み時と現在とで大きな変化がない限りは、本申込でも受理され、購入物件の引渡日をもって住宅ローンが実行されることになります。

購入までの住宅ローン/お金を中心とした流れを簡単にまとめるとこのような感じです。

購入希望物件を絞り込む

購入価格・頭金を確認

金融機関に事前審査を申込

審査通過

ローンの組み方を決定

金融機関と正式に契約

不足金額を追加で販売代理店へ振込

物件引渡日をもって住宅ローン開始

開始して間もなく適用される金利で計算された返済額一覧を郵便で受理

頭金・追加で支払ったお金を精算・返金

私は新築マンションを購入しましたが、戸建の場合や中古物件の場合は、これとは異なる点があるかも知れません。

広告



メガバンクからネット銀行まで足を運んでみましたが、同じ質問をしても
同じ回答が返ってこなかったことがありました。

それは「事前審査」についてです。
「事前審査はむやみにしない方が良い」という銀行員もいれば、「事前審査の回数は、審査結果に影響しない」という銀行員もいました。
銀行員が嘘をついているわけではなく、銀行によっては事前審査の回数を重視している/度外視しているとこのようにぱっくりと二分される、ということなのです!

個人的には、事前審査は年2回を上限にした方が良いという結論に達しました。
事前審査を申請しますと個人信用情報機関に照会履歴が残るため、どの金融機関でも照会回数を確認できる仕組みになっています。
「事前審査を複数回しているということは、『過去の審査結果が思わしくなかったから複数回申し込んだのではないか』という否定的な考えから、融資を見送らせてもらうことになりかねない」という複数の銀行員の言葉がとても気になったからです。
おわかりでしょうか。
金融機関は希望的観測ではなく否定的観測をベースに、融資するかどうかを決めることがある、ということです。
したがって、現職の職歴が短ければ、住宅ローン融資という長~い契約を最後まで履行するにあたり信頼に欠ける、また、外国籍の方の場合、融資の途中で完全帰国して返済が中断し、かつ音信不通となると困る、と判断されるわけです。
転職のタイミングや永住権の申請時期も重要ですね!
少なくとも、永住権の申請資格があれば一日でも早く入国管理局へ申請しましょう。
そして転職については、ローンの契約実行までは見合わせたほうが賢明です。

現職場での職歴が短い方は、住宅購入までできれば現職場での勤務の継続をお勧めします。
うちもそれで転職活動を見合わせることにしました。
融資してくれる金融機関の信頼を勝ち取るために、です。
また、自動車ローンや学資ローン、カードローンなど他にもローンを組んでいる場合には、何も他にローンを組んでいない人とは結果が変わってきます。
すでに融資を受けているわけですから、金融機関側は融資を初めて受ける人に比べると返済できなくなるリスクが高くなると判断されます。
キャッシング、リボ払いやボーナス払いでお買い物をしても同様です。
クレジットカード払いのショッピングもです!
事前審査の前に、こうした言わば「借金」があることはマイナスファクターになりえます。

次に、メガバンクとネット銀行、どちらが審査は厳しいか。
こればかりは一概には言えません。
経済情勢は刻々と変化していますので、仮に私と同じ条件だとしても、異なる結果になることは十分に考えられます。
いくつか当たってみた金融機関の結果をご参考までにまとめました。
決して悲観なさらず、ご自分で調べてみて、関心のある金融機関があれば、足を運んでみたり、WEBから問い合わせしてみてくださいね!

三井住友銀行

購入希望物件と提携しており、結果的にはここだけ審査が通りました。
しかも、希望購入価格に届く融資が受けられました。本当に予想外でした。

融資額が購入したい物件価格に及ばないだろうというのが、販売代理店のご担当者からのお話だったのです。希望ばかり抱かせておいて「残念でした、ごめんなさい…」では営業マンとしてちょっと問題ですものね!

メガバンクで事前審査が通ったので、ちょっと欲が出たと言いますか、他の金融機関ではどうなるのか?という関心が湧いてきて、いくつか当たってみることにしたのです。
とはいえ共稼ぎ、平日に足を運ぶのは難しく、土曜日に予約して行きました。
大きな買い物ですので、時間がかかりますが慎重に選びたいところです。
結果的にはこれもまた予想に反し全て撃沈。どうして三井住友銀行だけ融資してくれたのか、いまだに不思議であり感謝しています。

ソニー銀行

申込基準が厳しいことで有名です。ネット銀行でありながら実店舗も構えています。
電話のCS対応はなかなかつながらず、得てして時間がかかるものです。
例えば、経済情勢が変わった際に相談に乗ってほしいというお考えでしたら、金利はメガバンクに比べずいぶん低いですし、翌月の金利を前月に知らせてくれることもあって、お勧めしたい金融機関です。
購入したい物件価格にはるかに及ばないことが確実視されるとのアドバイスを受け辞退しました。

新生銀行
住信SBIネット銀行

職歴が2年以上ないといけないとのことで、就職してわずかにではありますが当時2年に満たないために審査に進められないとのことでした。
新生銀行はネット銀行でありながら実店舗も構えていますので、対面で相談できる安心感を得たい方にはお勧めです。
電話のCSはなかなか繋がらなくてイヤだという方にもお勧めです。

三菱東京UFJ銀行

外国籍で永住権がない場合、頭金を購入したい物件価格の2割を自己負担することが条件です。
これは、3.11の大震災で多くの外国籍の方が融資を完済しないまま帰国したことが影響し、条件が厳しくなったとのことでした。
なお、私が相談に行ったら、次回はご主人を連れてきてくれとのこと。
日本語でやり取りできることは契約上必要とのことでした。
どうしても2割の頭金を準備するというハードルは外せないのかお願いしつつ、後日主人ともう一度行ってみましたが、残念ながら頭金の額は下げられないとのこと。
そこまでの頭金を準備することは難しく、事前審査を辞退しました。

みずほ銀行

購入したい物件価格には及ばないことが確実視されるとのアドバイスを受け辞退しました。

最近は、自分の収入でどのぐらいの融資が受けられるのか、住宅ローン事前審査を複数の金融機関に一括で申し込みできるサイトがあります。
しかし、事前審査をすると個人信用情報機関に照会履歴が残り、場合によっては融資を受けるにあたって不利に働くことになるかもしれません。
くれぐれも注意してくださいね!

事前審査のこうした性格を頭に入れておけば、時間やチャンスを無駄にしないで済みます。
お金のことは何かと心理的に負担感のある内容ですので、出だしのところでつまづかないようにしたいものですね!
事前審査について理解してから、ご自分に最適の住宅ローンを組むようにしましょう 😉

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です