2019.05.31 記録:私が冷静になる理由

2019.05.31 記録:私が冷静になる理由




空は曇っているし、とても新鮮な天気だ。
昨日会社で受けたストレスを妻に話したら、今朝私にこんなことを言った。

”あなたは自分の意見を表現する時、もっと成長したよ”

なんとなく感じてはいたけど、しばらく忘れていたことだった。
私が以前東京芸術大学に入試を準備する時だった。
おそらく私はその時、初めて自分の考えと主張を文字で表現したのではないかと思う。
そしてもう一段階成長した自分を見てとても嬉しかった。
また、その成長感と自信は、前職のハロマの時まで続いた。

突然、今の私はその原動力を失ったような気がした。
”なぜ”という答えを手に入れるため、私は切りのない悩みをした。
答えは今だにわからない。
しかし、一つ確実なことは、周りの環境によって自分の自尊心がかなり消えてしまったことだ。




私は今の職場に初めて入社したとき、技術を身につける覚悟がとても大きかっが。
ドラマのチャングムみたいに、熱心にすれば、いつか認めてもらえる日が来ると思って頑張って努力してきた。
しかし、自分もよくわからない分野に関してはとても小さくなっていく自分に気がついた。

最近になってまた鬱がやってきたような気がした。
他の人々はよく我慢してよくも仕事するのに、なぜ私だけこんなにハートがガラスなのかがわからない。
私は敏感しすぎるのか。
それとも誰が見ても過酷な環境で働いているのか。

私が、自分の日記をこのように公開するのは、
多分誰かからの助けが必要だからかもしれない。

*今日の一言
悲しいことがあっても私は泣かない。
もうすぐやってくる嬉しいことがあるから。

嬉しいことがあっても私は笑わない。
もうするやってくる悲しみがあるから。

それで、私は泣くことも、笑うこともできない。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です