3度目のinterlaken:coopで適当な昼食(TIPあり)

朝Allmendhubelの素晴らしい歓迎を受けた私たちはこれから再びインターラーケンに向かいます。
色々残念な気持ちがあるmurrenですが、「また」の機会を約束して次の目的地に向かいます。
すでに旅行の後半期に入った私たちは、惜しい気持ちで満ちています。
昨日楽しかった記憶が、過去の思い出となて、これからのできことがいつか過去の記憶になる。
だからこそ私たちは「今」に充実する旅行をします。
この旅行を通して、私たちは人生を学んでいきます。

3度目のinterlaken:coopで適当な昼食(TIPあり)

旅行7日目 朝9時50分 (日本の時刻16時)

広告



部屋に帰ってきてから、私は早速次のスケジュールを暗記します。
さらにホテルに帰ってきてから突然雨が降り始めましたので、これからのルートをしっかりと覚えておかないと外で無駄な時間を過ごすことになります。
そうならないように準備したスケジュール表ですので、完全に暗記します。
(このスケジュール表については今イベントを行っています。こちらを参考にしてください。)

準備が終わったフワミン。
このホテルとも今日でさよならです。
多少小さいけど、今までのホテルに比べると大きい方でした。
っていうか、広くても結局1泊しかしないし、ホテルにいる時間もそう長くなかったですので、これで大変満足でした。
しかも綺麗で、可愛かった…。

チェックアウトをした私たちは早速駅に向かいます。
外はAllmendhubelにいた時より天気がひどいです。
写真のようにすごい霧で、数メートル先が見えないほどでした。
綺麗なmurrenは見られませんでしたが、次行くrothornを楽しみながら、移動します。

昨日は気づきませんでしたが、こんなのがありました。
マジで天気いいときにもう一度murrenに行きたいです。
天気がこんなもんであって、実はとても綺麗で可愛い町に違いありません。

murrenは今雲と霧で何も見えない状態。
旅行始めてこんなに濃い雲を見たことがないです。
日本でもあんまり見ていない気がするような…
ポジティブに考えると、とても珍しい風景を見たような気がします。

そして、こんな天気に恵まれてこの子も久しぶりに外出をしました。
多少遅いけど、多少小さいけど、このmurrenの住民です。

その住民と別れの挨拶をしてついた場所。
murren。
ちなみにドアは自動ドアではないので、写真のように手動で開けなければなりません。

ところで、この列車…本当に古そうなデザインです。
っていうか…デザインをしてないような…
これは戦争期に走ってた列車みたいです。
ここがmurrenだから可愛く見えるような…

列車は出発しました。
murrenにはまたいつ来るかわからない約束をして、私たちはinterlakenへ向かいます。
murrenはとても綺麗な町です。

列車で見た外の風景は美馬までとは違う風景です。
曇っていて多少冷たい感じがしますが、コンクリートの色が混じった雰囲気とは違います。
あの緑の布団をかぶっていると、なぜか暖かくなりそうな感じ。

そして私たちはロープウェイに乗って…

経由うちであるLauterbrunnenに戻りました。
今回の旅行では結局晴れているLauterbrunnenを見てないですね…
次回のスイス旅行にLauterbrunnenを入れなければならない理由ができました。

そして、また列車に乗ってinterlakenへ向かいます。
実は今回の旅行ではinterlakenの比重はそう重くないです。
interlakenはスイスの観光地としてとても有名な場所ですが、限られた時間内でスイス全部を見ることができないため、interlakenの観光は諦めました。

走っているスイスの風景は、日本の田舎と変わらない風景もあります。
列車の窓ガラスの間にして、スイスで日常生活を送る人と観光客。
そう考えると、旅行はそう遠くにあるものではない気がします。

interlakenに近づくと、こんな風景が!
高いところはためな私にとってはただの危ない遊びですが、安全性だけ保証されれば、一度やって見たいスポーツですね。

interlakenについた私たちは、とりあえず、船乗り場の場所を調べてからcoopに行くことにしました。
これから私たちはcoopでお昼ご飯を食べて船に乗ってbrienzへ行くつもりです。
船乗り場はgoogle mapで調べましたが、確かめるために実際に行ってみることにしました。
今は写真のようにふねまーくがある4ー8番のの方に向かいます。

船乗り場は駅から歩いて5分ほど離れている場所にありました。
見つけることはそう難しくなかったですが、あまりにも特徴のない乗り場だったので、驚きました。
私たちの場合は、ちょうどその時船が乗り場の方へ移動してきましたので、すぐ見つけました。

とりあえずcoopでお昼ご飯を食べたら、私たちはここで船に乗ってbrienzへ行きます。

お昼ご飯を食べるからか…よくわかりませんが、階段をのぼるフワミンから元気を感じます。
これから私たちは行くcoopは写真に写っているcoopではなく、もっと大きいcoopです。
この階段をのぼって左に曲がると…

真正面にこんなでかい建物があります。
あの建物丸一軒がcoopです。
あのcoopは昔からのcoopで多くの観光客が来るお店です。
2階にはレストランがあって、食事もできますし、物も安く買えますので、観光客だけでなく地元の人にも人気のお店です。

こんな広い駐車場から、きっと団体観光客が来る定番コースかと思いました。

中は意外と広く、costcoを思う出だすサイズでした。
実際にいろんなものを売っていまして、zermattでは食べ物と小さい小物しか売っていませんでしたが、ここは食べ物はもちろん、服類や小さい家電製品まで売っていました。

coopの2階から見たinterlaken駅は意外と小さかったです。
2度目のinterlakenですが、このように真正面で見たのは初めてですね。
次回は晴れている日にinterlakenとmurrenに行きたいと思います。

お店に入った私たちは早速餌を選びます。
ところで、お店がとても広くて欲しいものがどこにあるのかがわかりません!
もし、今後interlakenのcoopに行く予定の方がいらっしゃいましたら、是非時間的に余裕を持って行きましょう。
いくら書いたいものが決まっているとしても、どこにあるのか探すのに時間がかかります。
お店の雰囲気をちょっとだけお伝えしますと…

まあ…こんな感じです。
zermattのcoopとはスケールが違いました。
嘘を10%足して車と飛行機以外には全て売っているような感じ。

そして私たちはパスタとジュースを選んで会計をします。
驚いたのは、こんなに大きいお店なのにセルフ会計だった点です。
もちろん有人カウンターもありましたが、セルフの方が圧倒的に多いです。
しかし、使い方はそう難しくないです。
ただ商品のバーコードをスキャンしてディスプレイに出て来る金額をお金の投入口に入れるだけ!
最近は日本でもこのようなシステムが増えているので、全然難しくなかったです。

私たちはここで早速パスタを温めて2階で食べるつもりです。
本当はこの建物の2階にあるレストランで食事をする予定でしたが、この建物に入る時フワミンがたまたまここでチンしている人を見て急に計画を修正しました。
このようなやり方だと、食事代を大幅し節約することができます。
しかし、意外とここに電子レンジがあることを知らない人が多いです。
ハングリー観光客には絶対お勧めする方法です。
普通のレストランの半額の値段で楽しめます!

おそらくスイスに来て久しぶりに暖かいパスタを食べるような…
いつもは冷たいパスタだけ選んで列車で食べましたので….
味は…ちょっと塩っぱいけど、セブンイレブンの冷凍スパゲッティに近い感じです。

この電子レンジは写真のようにレジの端っこにあります。
そのせいか…誰もこないし、ここに電子レンジがあることすら知らないです。
しかも給湯器もありますので、麺料理も楽しめます。

少し後ろに下がると、ラッピング機械があって、ここで買ったものを贈り物として包むこともできます!
こんな素晴らしいサービスが隠れていることはとてももったいないですが、知っているは並ばず!待たず利用できます!

パスタを温めた私たちは早速パスタを持って2階に上がりました。
2階は多くのテーブルがありまして、隣のレストランで頼んだものを食べている人でいっぱいでした。
フォークがガラスにぶつかる音が響く中でフワミンは堂々とcoopのビニール袋を置いてパスタのソースを混ぜます。
パスタのパッケージに入っていた使い捨てのフォークで…

私たちは超恥ずかしいですが、ここで!堂々とチンしたものをテーブルに乗せて座りました。
そして食べました!
ここ以外には座って食べる場所かなかったからです…
店員さんがなんか言えば出るつもりでしたが、結果的には誰もこなっかたですが…
むしろ私たちみたいな人が所々いましたので、途中は堂々と食べました…

ここでサバイバル食事をしてから船に乗ります。
brienz…そしてrothorn。
旅行前に調べた写真ではとても素晴らしい場所でしたが、こんな天気でも素晴らしい姿を見せてくれるでしょうか…
次回は今までのない最悪の天気のスイスを経験しますので、是非お楽しみください!

またこのブログをLINEtwitterfacebookなどでの共有もお願いします〜

広告



次のブログはこちらです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です