紆余曲折の末、地元の物件に決定するまでの葛藤について

物件探しは時間と労力がかかります。
前回のお話もぜひ読んでくださればとてもうれしいです!
完璧だ!と思う物件に出会えるのか、だんだん不安になってきました。

今回はこちらです。

紆余曲折の末、地元の物件に決定するまでの葛藤について

広告



早く決めたい理由と現実
地元の物件を第一候補としつつも踏み切れないのは、少々狭いことと梁が目立つことにありました。
そして、販売前のため価格は未定で4,000万円は超えるとしか聞いていません。
価格表をもとに、非分譲物件以外の分譲住戸の面積と金額から1㎡あたりの金額を書き出して、だいたいの見当をつけるぐらいしかできることはありません。
そして、もう一つの懸案事項は、消費税増税にありました。安倍政権が公約に掲げた2017年4月より消費税10%へ引き上げが実行されるのか決定前だったこともあり、消費税増税の影響を受ける前に購入したい……。

消費税増税と売買契約との関係
けっこう重要なことですよね。
詳しいお話は別の機会にすることにしますが、前回8%に消費税が上がったときには、経過措置というのがありました。未完成物件の場合、増税半年前まで(2013年9月30日まで)に契約を交わしていれば、引き渡しが消費税増税後でも旧税率が適用されました。
suumo(スーモ)にも当時の関連記事がありますので、ご覧ください。

a-result-of-the-many-twists-and-turns

 

となると、増税実行の半年前にあたる2016年9月30日までに、新築マンションの契約しなければならない。
うーん、時間もないのに、あまり選択肢もありません。

好物件発見!
そのような中、駅前が再開発された日暮里駅近の物件を見つけました。
内廊下、外観のデザイン、設備、通勤のアクセスも良くDoor to Door 30分強です。徒歩5分のところに大型スーパーもあります。
うちは国際結婚なので、年に一度帰省のため空港へ行くのですが、成田・羽田どちらの空港へもアクセスは良好。
さっそくマンションギャラリーを訪問しました。
訪問してわかったことは、大変人気で契約済のお部屋が多かったことでした。
そして、予算に収まるお部屋は、地元の物件と同様で1LDKタイプでしたが、残念ながら北西向きしかないことが判明。そのぐらい問い合わせてから来訪すれば良かった……。
いつもでしたら、マンションギャラリーに足を運ぶと往復の移動時間を含めて4時間ぐらいかかることが多かったのですが、早々に引きあげました。

いよいよ大詰め…
というわけで、困ったことに選択肢がなくなってきてしまいました。
そして、ずいぶん時間もかかっています……。
地元物件の気がかりな部分について、前向きに妥協できるポイントを探す時が来たようです。
そして、大切にしたいこと、どうしてもこれだけはダメな点などを再確認し、その理由を検討してみました。

  1. 大切にしたいこと
    資産価値の下がらない物件
    特に駅近であること
  2. できればあったら良いもの
    スーパーが近隣にある(近隣になければ、通勤途中の駅近くで購入することもできる)
    収納が多い
  3. どうしてもダメなこと
    予算オーバー
    自然災害に対して脆弱(洪水や液状化に対する懸念)
    日当たりが悪い(電気代もかさむし、気分も暗くなる。眺望も悪い。)
    寺社仏閣や墓場の近隣(これらのものは基本的には移設されることなく、ずっと存続する。)
  4. 地元の立地他
    医療機関…複数の救急病院、複数の大学附属病院、徒歩圏内に歯科・内科・産婦人科あり
    買い物…スーパー、コンビニ、ドラッグストアー
    交通…通勤はDoor to Door 40分、3路線利用可(JR・私鉄・都営地下鉄)、隣駅がターミナル駅、埼玉・神奈川・臨海エリア各方面へのアクセスの良さ
    資産価値…駅近(駅から2分)、駅前再開発計画中、川は近くになく地盤は安定
    他方で、デメリットとしては、
    資産価値…ハザードマップでは残念ながらわずかに浸水の恐れあり
    子育て…板橋区の待機児童数は23区でワースト3位(ただし、2017年になってワースト14位まで下がってきました。)

話し合いに話し合いを重ねる
販売価格がわからないので予算オーバーかも知れませんが、いまは議論できません。
となると、少々狭いことと梁が多いことさえクリアできれば、細かな点で不満はあるものの、大筋でOK。
これを受け入れられるか2人で話し合ってみました。

「気に入らないけどね、梁が多いのは我慢できるかな。」
「家具選びが大変だろうけれど、背の高い家具を置くかどうかもまだわからないし、梁を避けて設置可能な家具なら、探せば何かあるでしょ。」
梁についてはハードルがそう高くはありませんでした。

しかし、広さについては難しかったです。
「2LDKが最低条件で1LDKより1部屋少ないけれど、あと1部屋あったら、そこで何をしたい?」
「お客さん用の寝室」
「お客さん、しょっちゅう泊まりに来る?来ないよね?」
「趣味の部屋とか?片付けなくても良いって、便利じゃない?」
「リビングでやれば?端に寄せておけば、片付けなくてもスペースは確保できるんじゃない?」
「ヨガとか……」
「運動嫌いのくせに、どうせしないでしょ?」
「食材や日用品のストック専用室」
「本当に、そのために1部屋いるの?それはもったいないんじゃない?」
「クローゼット代わりの物置…」
「結局そうなるんだよね。物置のためだけに、もう1部屋広くて良い立地条件の物件を今後も探すのかどうか、ということなんじゃない?ねえ、1LDKでも良いんじゃない?」
「……私はイヤだなぁ。」
「でも、実際問題、使う当てがないでしょ?ストックルームとしての1部屋のために探し続けることになる。これをもう一度考えてみようよ。消費税増税後に買うと、100万円ぐらいは単純計算で高くなる。建築資材も高騰しているし、住宅ローンの金利がどうなるか、過去になく低金利の今を逃すと、きっと金利は上昇する、そこまで考えなくちゃ。」

理想と理由、現実と今後
案外突っ込んだ話をしてみると、意外にも「2LDKでなければならない具体的な理由」は出てきませんでした。
そして、増税前と後の販売価格の差額、住宅ローンの金利まで広げて考えてみると、いま決めることが賢明な選択であるように感じるようになりました。
当初より2LDKは最低ラインでしたので、まさか広さを妥協できるわけないという気持ちを整理することになるとは思いませんでした。割と大きな葛藤がありました。「何のために新居を購入するのか、これじゃあ意味がない!!」と思ったほどです。
感情的になったところで答えにたどりつきません。冷静に論理的に自問自答して数日考えてみました。

わかりやすさは「視覚(ビジュアル)」でとらえることから
「せっかく新築で買うのだから」という気持ちの中身を整理してみます。
あとで考えてみても、この「せっかく買うのだから……」という気持ちの中身を洗い出してみることは、後悔しないためにとても重要で有意義なことでした。
部屋のサイズを、実際の部屋にあてはめてみますと、イメージだけではなくリアルな答えにたどり着きます。
もらった図面と縮尺から部屋の大きさを割り出したところ、横長のリビングは横幅5.5メートル、奥行きが2.4メートル。
これをいま住んでいるマンションに当てはめてみると、外廊下から部屋の端まであります。
奥行きはいま住んでいるマンションと大体同じぐらい。
どのぐらいの広さかについては、何mかという「数字」で考えるより「視覚(ビジュアル)」でとらえると、とてもわかりやすいのです。
本音を言えば、立面図が欲しい……。平面図しかもらえないんですよね。
家具など物を置いても、広くないながらも思ったほど狭くもないと思いました。感覚より実感が大切です。
いまは夫婦2人、子どもができて家族が増えても、当面は何とかなる。
どうしても手狭になったら、その時は売ることもできるか……。

荷物整理術
抱えている問題とどのように向き合うのかで、解決できることもあります。
たとえば、気に入った物件は収納スペースが少ないとします。
収納スペースが少ない=荷物を整理する
これをクリアすることが可能か考えましょう!
結局のところ、荷物多い=引越の運送費用に跳ね返る、ということになります。
荷物を整理することは、その物件でいいのかどうかを決める指標のみならず、引越しの運送費、引越し後の荷解きにも直結します。

「荷物整理術」といえばおおげさなのですが、簡単にご紹介します。

書類や書籍
スキャンしてデータ保存する。
スキャナーがなくても大丈夫です!
すごく便利でおすすめなのが、スマホアプリ「Office Lens」です。
iOS→https://itunes.apple.com/jp/app/office-lens/id975925059?mt=8
Android→https://play.google.com/store/apps/details?id=com.microsoft.office.officelens&hl=ja
例えば、雑誌のあるページをデータ保存したいとします。
アプリを立ち上げてそのページにスマホを向けると、雑誌のページの外枠を自動認識しますので、撮影後のトリミングが原則不要です。そして、真上から撮らなくても真上から撮ったように自動修正されます。保存はPDF形式も可能です。
保存先にも困っているのでしたら、Amazonのプライム会員はいかがでしょうか。
ファイルとビデオ用の5GBのストレージ、さらに無制限のフォトストレージが使えます。

書籍そのものは宅配買取サービスを利用すると手軽です。
本は重たいので、特に女性にお勧めします。
ブックオフオンライン宅本便
ブックマニア
アマゾン買取サービス

服やバッグ
フランス人ほどではありませんが(笑) 恐らく服の数は一般的な人に比べると少ないです。それでも、整理したらレジ袋5袋ぐらいのゴミが出ました。
服やバッグ、靴は2年使っていないものは、これを機に処分!です。
思い出というか、ものに対する思い入れはあるでしょう。
名残惜しい気持ちはありますが、荷物整理の原点にかえりましょう!
現物として所有することを諦めるのか、購入を悩んでいる物件を諦めるのか、です。
ただ捨てるのはもったいない!という方は、フリマアプリの活用もお勧めです。
やってみるとわかると思いますが、出品手続きはとっても簡単です!買い手が見つかれば、ちょっとしたお小遣いになりますよ。私はフリマアプリ「フリル」を使って、ワンピースとバッグを売りました。スマホで写真を撮ってアップするだけでカンタンにスタートできます。

その他のフリマアプリ
メルカリ
楽マ
アマゾン買取サービス

いつか使う(かもしれない)と思って保管しておいたもの
結構あると思います。例えば、

サイズや種類の揃っていないタッパーや食器
引き出物に頂いたが、使わないのに捨てづらくてとっておいたもの
試供品でもらった化粧品のサンプル
宿泊先でもらってきたシャンプー類
少し汚れてきたタオル類
出番の減ったシーツやまくらカバーなどの洗い替え
ハンガー
花瓶
割り箸や使い捨てのフォーク・スプーン
着られない子供服(子どもが成長してサイズ自体合わないもの)
レジ袋や紙袋

日用品のストック

洗剤・スポンジ
シャンプー・コンディショナー
水などの飲料
ティッシュ・トイレットペーパー

ラップ
電球

計画的に使い切るか、この際ですから思い切って処分するかしましょう。
「できない!」と結論づけるのはいたってカンタンですが、頑張りましょう!きっとできます!
購入を悩んでいる物件を諦めなくても済むかもしれません。
荷物が多いと引っ越し代がかさみますし、新居に物があふれかえることになります……。

スーパーなど日用品を購入できるお店がない場合

通勤途中で下車して駅ナカ・駅近で購入
ネットスーパー

不在時には宅配ボックスに入れてもらうこともできます。
中でも、購入価格が比較的低くても送料無料になる「LOHACO」はおすすめ!
Tポイントがたまりますし、おまとめ買いしますとクーポンがもらえます。
飲料などの重量物も、宅配ボックスに入れないで!という注文が可能。
ペットボトルを箱買いして宅配ボックスに入れられちゃうと、ホント泣きたくなります 😥
宅配ボックスで「大きなかぶのおじいさん」をしなきゃいけません(笑)

a-result-of-the-many-twists-and-turns
「おおきなかぶ」

Amazonのプライム会員になる

Amazonパントリーを使う
送料が290円かかりますが、「手数料分290円OFFキャンペーン」「期間限定/対象商品から6点以上買うと、手数料分290円OFF」などもやっています。

Final Answer
「あったらいいな!」のもう1部屋で何をしたいのかについて、絶対的な理由がなかったのはまぎれもない事実です。
そして、とうとう……1LDKの地元のマンションに決めました。
最低条件を変更するとは、思ってもみませんでしたが、突き詰めて考えた上で至った結論です。
後悔することはありませんし、妥協した悔しさもありません。
むしろ、もやもやがなくスッキリしました。
そしてさっそくマンションギャラリーに電話します!
併せて、住宅ローンの事前審査をお願いすることにしました。
持ち物が指示され、週末来訪することにします。
マンションギャラリーが徒歩圏で本当に助かります。

続きはまた書きます。
ぜひ読んでくださいね!

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です