夜のミラノ:ガレリアとミラノのドゥオモツアー

覚悟はしましたが、かなりのハードスケジュールだった3日。
しかし、この一瞬を逃したくないので、私たちは予定にもない夜のミラノを見にいきます。
これが原因だったでしょうか。
夜のミラノを見たこと自体は後悔はしませんが、これのせいでかなりのダメージを受けました。
まだ、前回のブログを見ていない方は是非前回のブログからみてください〜

さよならフィレンツェ:スリ天国ミラノまで

それでは始めます!
夜のミラノ:ガレリアとミラノのドゥオモツアー

まずはルームツアーから!
イタリアで第2回目のホテルです!
1泊しか止まらないですが、ホテルらしいホテルで、満足です。
ま…フィレンツェに比べればちょっと狭しですが、全体的に綺麗です。

ここはトイレ。
フィレンツェではあまりにも普通であんまりトイレの写真を撮りたくなかったですが、
ここはとても良い感じです。

洗面台に置いてあるアメニティーです。
石鹸とシャンプーなどです。
肌が敏感な私にも使えるぐらい優しかったです。

金庫です。
私たちは使わなかったですが、海外旅行する時は必ず使うべきだという人もいます。
(部屋を掃除する人がものを盗む場合があるら.し.い.です。)
個人の自由ですが、私たちは1泊しかしないので掃除する人も入ってこないし…
何より…パスワード忘れそうで使わなかったです。
(この時私たちはとても疲れている状態で、暗記は無理でした。)

家にあるハンガーよりいいですね…TT
持って帰りたいですがダメです。

ブラインドをあげるとこんなイタリアの風景が!

あ〜ミラノの道路だ!
誰かには日常かもしれませんが、私たちには見慣れない風景です。
っていうか…どうみても夜8時の明るさではありません!
明るすぎる!
それで私たちは真剣に緊急会議を開きます。
予定では今日のスケジュールはこれで終わりですが、外がまだ明るい…
ホテルはドゥオモやガレリアまで歩いて行かれるところにある。
夜のドゥオモに行ってみないかという話をした結果!

私たちは外に出ています!
これから私たちはどのぐらい疲れるかもわからないままミラノの誘惑に落ちいてドゥオモとガレリアを見にいきます。

ここが私たちが止まったホテルです。
結果的にはサービスもよかったし、食事も美味しかったので大変満足したホテルでした。
ミラノを旅行する計画がある人に是非オススメしたいホテルです。

今の時刻が8時46分。
そろそろ9時に近い感じです。
でもこれはどう見ても午後5時ぐらいの明るさです。
私たちがなぜ無理して予定にもなかった夜のミラノを見ようとしたのがわかるでしょうか。
外がまだ明るいから、なんとなくまだ寝るには早いと思ったからです…
これはありがたい迷惑です!

歩いているうち見えたお店のショウケースです。
ファッションの都市、ミラノです。
ファッションはよくわからないですが、ミラノだから一応もう一度見るようになりますね。

ミラノのドゥオモに行って言う間に少し暗くなりました。
でもまだ9時過ぎには見えない明るさ…
おかげで色々良い写真が撮れてよかったと思っています。
暗くなると写真撮るのが大変ですからね。

ホテルから20分ほど歩いたでしょうか。
ようやく現れました!
ミラノのドゥオモ!
でもこれは後ろの姿です。
これから前の方に移動します。

ここがドゥオモの横川です。
ミラノのドゥオモはスリのパラダイスだとネットでよく言われていますので、ここからは結構緊張していました。
スリや余計なもの売ってる人間が現れたら、このカメラで殴るつもりです。

役30分ほど歩いてようやくミラノのドゥオモを撮ることに成功しました!
美しいです!大きいです!素晴らしいです!
フィレンツェのドゥオモも素晴らしかったですが、ここはまた違う意味で素晴らしいです。
昔のゴシック様式の教科書を見ているような感じです。
写真ではうまく表現できませんでしたが、フィレンツェのドゥオモに負けないほど繊細です。

こうすると、ミラノが私の中にあるような感じです。
ちなみに、youtubuで見たときは鳩が結構いたような感じでしたが、このときは時間が遅かったせいか、鳩はあんまりいませんでした。
たまに鳩の餌を手に握らせてお金を要求する人もいるみたいですから気をつけてください!

とにかく私たちがここにきた目的はミラノのドゥオモを見ることでしたが、実はここには有名なショッピング街があります。
それはガレリア!
すぐ隣ですので私たちはそこまで行って見ることにしました。

ここがガレリアの内部です。
入り口から写真を撮りたかったですが、このとき動画を撮ったので写真がないです…TT
とにかく、天井にとても巨大なドームがありまして、カメラのアングルに全部入らなかったです。
ちなみに私のカメラはフルプレイムで16mmの広角のレンズを使いましたが、この大きさは収められなかったです。

なんとかドームを撮りたかったですが、でかすぎて無理でした。
写真を撮りながら思いましたが、ここはとてもゴージャスです。
ただのショッピング街にしては、建物の形や壁と足元の大理石など、全てが独創的で綺麗です。

中にはこんな風にレストランもありますので、コーヒーなどを飲みながらおしゃべりもできます。
こんなところでコーヒーを飲みながらフワミンとお話をするととても素敵ですが、この時はもう夜10時がすぎました。
ちなみに私たちは移動ばかりしてまだ夜ご飯も食べていない状態です。
ここでコーヒーで満足する状態ではないです。

ですので、私たちはそろそろ帰ることにしました。
お腹も空いたし、眠いし、疲れています。
とりあえず何か食べに行くことにしました。
このままじゃ明日の旅程は無理です。

ガレリアから出たら光っているドゥオモを見ることができました。
とても美しいです。
お腹も空いていないし、眠くもないし、疲れていなければ、多分ここで一晩中フワミンとお話をしたかもしれません。

もっと楽しま見たいけど、明日を約束して私たちはレストランを探しました。
こんな遅い時間にやっているレストランがあるかわかりませんが、とりあえず私たちは必死に探しました。
ここはイタリア。コンビニがあるはずがないので今食べないと、明日の朝まで我慢するしかないです。
そしてようやく見つけたお店が!

パン屋さんです。
この時が夜11時でしたが、まだやっていました!!!
ありがとう!!!!
早速私たちは2回に案内され、適当にオススメのパンを選んで待ちました。

20分ほど待ったでしょうか…
サンドイッチが来ました!
ベーコンが挟んだ美味しそうなサンドイッチです。

これはフワミンのベーグルサンド。
分厚いチーズが挟んであってこっちもとても美味しそうです。
この時が夜11時過ぎですが、あまりにもお腹空いてやっと見つけたパン屋さん。
早速食べます。
眠くて眠くてしょうがない状態ですが、頑張って食べます。
味は…そうですね。
普通お腹空いている時はなんでも美味しく感じるのですが、不思議と美味しく感じなかったです。

さっさとサンドイッチを食べると、少し周りの風景が目に入ります。
実は結構可愛いお店でした!!
こんなに可愛いお店で店員さんも親切なのに…パンが美味しくないです…本当残念…

あまりにも急いでお店に入ったので外の風景は取れませんでしたが、これがお店の名刺?です。
www.californiabakery.it
夜遅かったので美味しいパンがなくなったかもしれませんが、店員さんはとても親切でようきの人でした。
お店もとても可愛いし夜遅くまでしますので味以外はオススメします!

大変時間が遅くなりましたので、急いで食べてホテルに戻りました。
誰もいないミラノの夜道は素敵です。
フワミンと私はまるでミラノを丸ごと借りたように道路のあっちこっちを歩き回りながら帰ります。

これで今日のスケジュールは終わりです。
明日はスイスまで行かなければならないです。
そして今夜はイタリアでの最後の夜です。
この風景とはまたいつ会えるでしょうか。
イタリアでの3日間は奇跡のような日々でした。
天気も良かったし、スリにも会わなかったし…
素晴らしい経験をたくさんしました。

スイスではまた何が待っているでしょうか…
今夜はスイスでの奇跡を夢見ながら眠ります。

次回のブログは朝のドゥオモを紹介します!
mercytimeのブログが有益でしたら、ぜひ友達にも紹介・共有してください!

広告



次のグログはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です