brienzでの平和を:brienzでの最高の散歩

蒸気列車に乗ってrothornからbrienzまで降りて来た私たち。
昨日は曇った姿を見せたbrienz。
今日はまるで昨日のイタズラ謝っているのか、とても綺麗な姿を見せています。
エメラルド色の湖は、太陽の光が当たるとその綺麗さがさらに増して、まるで宝石のように見えます。
自然が創る風景を見るのは今日で最後です。
しかし、時間的に少し余裕があった私たちは、残りの時間を散歩しながら楽しもうと決めました。
まるでスイスの人のように。
brienzでの最後の物語を始めます!

前回のブログはこちら!

brienzでの平和を:brienzでの最高の散歩

旅行8日目 午前12時30分(日本の時刻午後7時30分)
広告




昨日とは全然違う様子のbrienz駅。
雲のない綺麗な天気だったので、写真もかなりの露出の写りになりました。
このアングル…スイスの観光案内の雑誌で見たことあります。
この写真を撮ってから思わず「あ..!」と叫びました。
確かにこのアングルでした!

しかも、昨日はこんなつまらない風景だったのに…

今日はめっちゃ晴れ!気持ちも晴れ!
これでしょう!スイスといえば、やっぱりこんな風景!
もうここでの時間が長くないのが非常に残念です。

数時間後、ここを離れなければならない私としては、ここでのんびりと時間を過ごすあの人たちが浦和ましいです。
またbreinzに来ることを自分と約束して、フワミンと散歩を始めます。

散歩中は、街の可愛いものを見ながらおしゃべりをするだけです。
とても簡単なことですが、日常生活中はなかなかできないことです。
旅行を始めてから、ささやかな素材が話題になるようになりました。

昨日も見た湖もなんども見て、心のカメラで今の風景を撮り、
今の感情をお互いに話し合います。
会話…
現代の人にとても欠けている症状だと思います。
誰かによって心の傷ができて、話そうとしない…
フワミンと私も社会でこのような経験をしましたので、今のささやかな会話の大切さを誰よりもよくわかっています。

たまには好奇心がやりすぎて、他人の家をこうやって覗く時もありましたが、
このように普段はしない行動も、私たちにとってささやかな話題になりました。
(実際には人のいないお店でした。)

こうして他人の家を除くと、私たちがまだお昼ご飯を食べていないことに気がつきまして、
早速お昼後を食べる場所を探索します。
私たちは時間を節約するために、この辺で適当に食べることにしました。
少しでも湖を楽しむために…少しでもbrienzでの散歩時間を長くするために。

それで私たちは、再びコープへ行きます。
適当な食べ物を買うために…

私たちが買ったのはケーキ1つとパスタ一個、そしてジュースとコーラ。
かなり適当な感じはしますが、私たちは一分一秒でも早くbrienzを楽しみたかったです。

実は、スイスに来ていつもパンやパスタばっかり食べたせいか、
少し辛いものを食べたくなったのです。
全体的に甘いかバターの入ったものだけ食べたので、辛ラーメンが食べたかったです!
かなり!

適当なお昼を食べると、時間はもう午後2時近くになりました。
なんでこんなに時間が早いでしょう。
ちなみに本来私たちは11時25分の電車に乗ってluzernへ行く予定でしたが、あまりにもbrienzが好きで、
午後3時25分の電車に乗ることにしました。

1時間半後には私たちはここで列車に乗ってbrienzを離れます。
平和に見えるbrienz。

黙って眺めるようになるところ。
brienzだけの魅力ではないかと思います。

私もフワミンも黙ってこの平和な風景を眺めます。
今回の旅行で一番残念なところは、この旅行を記録する方法が写真と映像しかないことでした。
次回旅行するときは、ペンとノートを持って、そのとき感じることをノートに書き残したいです。
そのときしか感じられない気持ちを、ぜひ文字として残したい。

そして、たまにはスマホからパソコンから離れて
周りの音に耳を傾けてみる。
私を見つけるには、私と向き合う時間が必要ではないかと思います。

そして、できればその時の感情を共有できる人がいれば、もっと良いでしょう。
きっとお金では買えない財産になると思います。
旅行の最後に向かう私は、この風景を見ながらいろんな感情が湧き出ます。

できれば文字としてその感情を残したいですが、今は写真で残します。
「私たちがここに来た。二人がここに来た。」

眩しかった太陽と、星のようにキラキラしている湖。そして鮮やかなお花。
覚えたい。一生忘れたくない。

こうやって心でエッセイを書いている時、あるおじさんから湖を背景に写真を撮ってくれ!と言われ、
フワミンが頑張ってくれました。
印象の良さそうなイタリア人でした。

ひとり旅か…と思いきや、
このおっさんが突然二人の写真を撮ってくれると言い張り、
キスしろと言いづづけ、いきなりキスシーンの写真撮影をしました。
他人の前でこんなのするのは結婚式以来初めてでびっくり。
陽気なおっさんのおかげで思わぬ思い出を作りました!

美しい風景を楽しむ方法は人それぞれ。
先のおっさんみたいに一人で写真を撮りながら周りの人と良い思い出を作るひともいれば、
綺麗な景色を背景に本や新聞などを読む人もいるし、

心を分かち合う人とアクティブに遊ぶ人もいる。
大事なのは、すべてが正解だということです。
あの人たちは、今とても貴重な時間を過ごしています。

まだbrienzの半分の歩いてないですが、もう時間になりました。
私たちは急いで、ホームへ向かいました。
あと10分後に列車が到着します。
そして10分後にはいよいよbrienzとサヨナラになるでしょう。
そしていつものようにまた来ることを約束します。
いつになるかはわからない約束を。
広告




今回のブログはここまでです!
またこのブログをLINEtwitterfacebookなどでの共有もお願いします!

次回のブログはこちら!

 

One thought on “brienzでの平和を:brienzでの最高の散歩

  • 2018年6月11日 at 8:37 AM
    Permalink

    phoby20, thanks so much for the post.Really thank you! Keep writing.

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です