ラウターブルンネンへの道:インターラーケンまで移動

ツェルマットでの楽しい思い出を持って私たちは次の目的地であるラウターブルンネン(Lauterbrunnen)に向かいます。
ツェルマットからラウターブルンネンまで行くためには、インターラーケンを経由しなければならないです。
乗り換えもとても多く、ラウターブルンネンまでの移動があんまり効率的ではなかったため、計画当初はツェルマットを省こうと思いました。
結果的にはツェルマットへ行ってよかったですが、代わりに次の目的地までの移動の苦痛は我慢しなければならないです!
それで私たちはその苦痛を減らすために!baggageサービスを利用しました!
baggageサービスについては、前回のブログを参考にしてください〜

広告




とにかく、今日もスイスの大自然を経験する日です!
体はだいぶ疲れていますが、せっかく会社休んでもらってお金払ってここまで来ました!
適当な旅行はできません!
それでは始めます!

ラウターブルンネンへの道:インターラーケンまで移動

銀色の川がちから強く流れます。
緑と青色の自然のキャンパスのせいか、銀色の川がとても印象的です。
ちなみに水の色が銀色なのは、石灰が混ざっているからです。
もちろん、そのままでは飲めません!

私たちはツェルマットを離れて次の目的地に移動しています。
今日は乗り換えが多いです。
待つ始めの乗換駅はVisp駅。
電車のみ約1時間の移動時間がかかります。

しかし、こんな綺麗な風景を見ていると、その1時間がとても短く感じます。
スイスに来ると、誰もが思うこと!
”あ…私もこんなところで暮らしたいな…”
私たちもそんな想像をしながら、しばらく黙って窓の外の風景を楽しみます。

しばらく経つと、地元の人っぽい人が隣り席に座りました。
誰かにとっては日常生活で、誰かにとっては新しい体験。
今日は、この人たちの日常に入っています。
私が日本に戻ったら、今の私のように私の日常に入って旅行をする人がいるでしょう。

一人で色々考えている間、visp駅に着きました。
駅は典型的な田舎駅です!
でも決して小さい駅ではありません。
私たちはここで第1回目の乗り換えをします。
すでに1時間遅れてしまったので、事前に記録したスケジュール表は役に立たなくなりました。
それで、次の列車の時刻とかは全くわからないまま乗り換えをします。
ちょっと不安…

スケジュール表を見ると、spiez行④/⑤ホームと記録されています。
それで私たちはとりあえず④/⑤ホームに行きます。
かなり多くの人々が降りて地下通路に行くので、私たちもなんとなく!付いて行きます。
よくわからないけど、ここが終点みたいです。

④/⑤ホームとメモしましたが、通路の天井にある電光掲示板を見ると、spiez行は5番ホームと書いてありましたので5番ホームに行きます。
電光掲示板は日本と見方が同じでしたので、迷うことはありませんでした。
よくできているな~と思うほどでした。

みんな同じような帽子にカバンをしていまして、さすがスイス!と思いました。
そして、この時気がついたのは、スリの危険をあんまり感じなかった点です。
イタリアの時はスリのストレスが普通じゃなかったですが、スイスは全く気にしなかったです。

次の列車は11時57分。
あと3分後です。
すでに多くの人々がいまして、一番驚いたのは日本人がとても多い!!

カメラカバンと服が入っているクロスバック。
チューリッヒに到着するまでにはこれからずっとこんな格好になります。
シルエットだけ見ると、まるで兵士みたいですね…

フワミンと写真を撮っていると、私たちを次の目的地に運んでくれる列車が来ました。
なんだか….古くみえる…

でも中はこんなに快適です!
通路は若干狭いですが、私たちはすぐ降りますので気にしないです。
VispからSpiezまでは約30分。
隣にハンサムなお兄さんがいったので一緒に写真でも撮りたかったですが…さすがそこまではできず….

そして、早速準備するフワミン!
食事の準備です!
本来の計画だと、今頃インターラーケンのcoopで食事をするはずですが、1時間遅れているので、列車で食事をすることにしました。

そしてZermatt駅のcoopで買ったパスタとジュース、サラダを出します。
ちょっと貧弱なお昼ご飯ですが、今はこれで満足しなければなりません…
スイスの物価、高すぎる!!!
これの総額が知りたい方は前回のブログを参考にしてください!

あっという間に完食!
普段の私たちは二人で3人前を食べる大食いです。
こんなカップラーメンにもならない量じゃ…TT
これで私たちは夜までハイキングです!
これじゃ!!!ダイエットできます!!!

適当な食事が終わると、そろそろspiez駅まで来ました。
ここから私たちはあの有名なinterlaken(インターラーケン)に行きます。

そして到着しました!
ここもとてもいい観光地だと聞きましたが、残念だけど今回の私たちとは縁がないです…
ここで私たちは10分後に次の列車へ乗り換えます。

ホームから見たspiez駅はとても美しいです。
10分しか楽しめないのがとても残念でした!
でも、こんな残念な気持ちがまた、私たちをスイスへ呼ぶでしょう。

また、電車に乗ってinterlaken駅へ向かいます。
実は、interaken駅は西と東の2箇所に駅があります。
そして私たちは向かっている駅は東にあるinterlaken OST駅です。

interlakenはブリエンツ湖とトゥーン湖の間にある地域で、船に乗ることもできるし、多くの路線がありますので、他の地域にも簡単に行かれます。
それで多くの観光客が集まる地域でもあります!

spiez駅からinterlaken駅までは15分。
しばらく経つと、とても綺麗な色の湖が見えました!

私たちが座っている向こう側に可愛い子供がずっとウロウロしていまして写真を撮ろうとすると、子供のお父さんみたいな人が抱っこしてこっちへ向いてくれました。
ま…この人ともあと10分でさよならですが、とてもいい思い出になりました。

私たちはそろそろinterlakenに着きます。
移動ばかりではありますが、ここまで苦労した結果は最高でした!
ツェルマットで見た風景とはまた違う景色!
次回は、その景色をお見せします。
次回のブログも是非見てください!
このブログが気に入った方は、ぜひLINEtwitterfacebookなどで友達に共有してください〜

広告



次のブログはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です