Maennlichen到着までの旅程:スイスの景色でスリの怖さも忘れる

広告



朝から移動ばかりでしたが、なぜか疲れないのは、昨日行って来たパラダイスのおかげでしょうか。
それより、もともと最低の体力ですが、自分自身がここまで動いていること自体が不思議です。
理由はわからないけど、私たちはとても良いコンディションでスイスを楽しんでいます。
これから私たちはLauterbrunnenまで行ってさらにWengenまで行く予定です。
そして、私たちのハイキングコースの始まりであるmaennlichen LWMまでロープウェイで行きます。
maennlichen LWMはGrindelwaldを上から見ることができ、遮るものがないので、とても開放感がある観光地です!
また、ハイキングとは行っても、ハードなコースではないので、ゆっくりと景色を楽しむことができます。
前回の続きとなりますので、是非前回のブログから読んでください〜

それでは始めます!

Maennlichen到着までの旅程:スイスの景色でスリの怖さも忘れる

ここはinterlaken ost駅!
さすが、多くの人々が降りました。
でも、イタリアみたいにスリに警戒しないのはなぜでしょうか…

地下通路を歩くと、電光掲示板に列車情報がありました!
Lauterbrunnen行きの列車は13時5分発、2番ホーム!
これは楽ですね!
10分ほどの余裕がありますので一安心しました。
これが1時間後とか2時間になると、ちょっと困ります…

ところで…朝から乗り換えるたびに階段を降りたり、登ったりします…
ここはエスカレーターとかエレベーターがなんでないでしょうか…
若い人は大丈夫ですが、年寄りは乗り換えも大変かもしれませんね。
それとも、私がわからないところに何かあるでしょうか…
もし、このブログを読んでいる方で、これについて知っている方は是非ご連絡をお願いします!

2番ホームに行くと、こんなクラシックな列車は待っていました。
スイスの列車はみんな窓が大きいです。
それで、写真も撮りやすいし、室内が明るいです。

実際に乗って見たら、窓を開けることができましたので、急いで写真を!

列車の室内はこんな感じです。
外見から受けた印象とは違って綺麗です。
ま…私はあんまり不便だと思っていませんでしたが、スイスの列車の通路はもともとこんなに狭いでしょうか?

そろそろ時間になりましたので、列車は出発をします。
interlaken ostとは明後日また再会をします。
その時も、晴れますように!

列車が走ります。そして外の風景が変わります。
平和に草を食べている牛がとても印象的です。

どこを見てを山があります。
何度見ても飽きない色です。
緑。青。
見るだけでも癒されるのは私だけでしょうか。

よくもあんなところに建物を建てようとしましたね…
建物が可愛い!しかも周りの自然ととても合います!

しばらくスイスの風景に感嘆すると、もうLauterbrunnenに着きました。
ここもとても有名な観光地で、多くの人々が降ります。
しかし、私たちはここの乗り換えます。
列車での移動もあともうちょっとです。

本当は乗り換える時の写真も撮りたかったですが、次の列車がそろそろ出発する案内がありましたので、乗り換えてから列車で写真を撮りました。
あそこに見える緑色の列車が、私たちが今乗って来た列車です。

列車の室内はこんな感じです。
さっきよりもっと狭いです。
椅子もクッションないのでお尻が痛いですが、11分しか乗らないので我慢できます。
っていうか…この列車を最後に私たちは何時間も歩かなければならないです。
数時間経つとこの列車で座っていた自分を思い出すでしょう…TT

本当にたまたまですが、私たちの隣り席は中年の日本人の観光客がいました!
列車での移動時間が10分しかなかったので長くは話せませんでしたが、他国で会うってなんか嬉しいもんですね!
団体でいらっしゃったみたいで、とても陽気な方々でした。
そして、とても美しい人生を過ごしているな…と思いました。
あの年になっても、美しいスイスの風景も見ると、子供みたいな笑顔になる…
赤の他人で、今日初めて合いましたが、これからの旅が無事に終わりますように…良い思い出をたくさん作りますようにと願います。

ところで、この列車…登山列車だったみたいです。
ここまでは知りませんでした!
やったら遅いな…と思いきや、山を登っています。

そして急変する外の風景!
そろそろスイスという国が不思議に感じます。
産業が発達して自然が破壊される今の時代に、よくもこの自然を保って来たな…と思います。
こんな小さな国の売りは時計、自然、美味しい食べ物。
物価が高くても世界からこれらを見て体験するために来ます。
私たちに必要なものは、発達した技術か…それとも心を癒す自然なのか…
こんな風景とは相応しくないですが、しばらく考えます。

10分の時間が経ってwengenに着きました。
またいつ会えるかわからないですが、隣で一緒に移動して来た日本人の方々とも挨拶をして別れました。
お互いの素晴らしい旅を願って…

今の時間は1時52分。
予定通りの時間です。
持っているスケジュール表を見たら、interlakenでお昼ご飯を食べなかったので、予定していた列車に乗ることができたみたいです。
これから私たちはロープウェイに乗ってMaennlichenに行きます。
スイスは山が多く、天気が急変すると思って心配していましたが、晴れてよかったです!

ロープウェイの乗り場までの道は事前にグーグルで調べましたので、早速移動します。
やや不安ですが、フワミンについて行く私。
元気なのはいいけど、道を迷わないように…

乗り場まで歩くうち、テニスやチェスができる場所がありました!
あんな背景を見ながら軽いスポーツやゲームができるっていいですね。

フワミンいついて10分ほど歩くと、着きました!ロープウェイ乗り場!
迷わなくて助かりました!

乗り場に着いたのは14時15分。
予定より5分遅れましたが、ロープウェイは20分間隔で運行していますので、大丈夫です。
ちなみに、私たちはチケット売り場でチケットを買いましたが、今はネットでも購入できるみたいです。
事前に購入したい方はこちらでどうぞ。
また、Maennlichenに関する情報はこちらで確認できますので、参考にしてください!

早速ホームに行くと、すでにロープウェイが到着していましたが、ドアを開けてくれません….!
出発時間までは開けないと聞きました。
ま..15分間ここで待たなければならないですが…

綺麗な風景を撮るだけでも15分は短く感じます。
フワミンは…写真撮るのに忙しい…

そして、この時フワミンはこんな風景を見ていました。
距離感がつかめない。
これから私たちはロープウェイに乗ってたった5分であの山の頂上に着きます。

そして、乗車&移動!
ちょっと怖いですが、これ乗らないといけないので….

しっかり掴みます!
あんまり意味はないですけど…

全く距離感がない風景です。
とは言っても私たちはどんどん頂上へ向かっています。
こんな移動手段を用意したスイスに感謝しながら…

そして私たちは本当にたった5分で頂上に着きました。
ここは、天国?のはずがないですが、こんな風景を見ながら天国はどんな感じかを想像します。

今回のブログはここまでです!
本当は実際にハイキングする写真もお見せしたかったですが、意外と写真の量が多かったので、次回お見せします!
次回は、目で見ても信じられない景色を見せながらブログします。
このブログが気に入った方は、ぜひLINEtwitterfacebookなどで友達に共有してください〜
このブログのアクセス数の増加が私の力になります!
広告



次のブログはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です